コーヒーの人気特集

ダイエット効果を出しやすくするコーヒーの飲み方とは?

    ダイエットとコーヒーは相性抜群!

    ダイエットを手助けしてくれる飲み物といえば皆さんどんな物を連想するでしょうか?例えばノンカロリージュースや酵素ドリンクでしょうか。確かに人工甘味料を使ったノンカロリージュースはそれ自体は太る要素は全くありません。

    一方で高カロリー食に対する欲求を高めてしまうという研究結果もあるようで、必ずしも長い目で見てダイエットの味方とは言えない側面があるのです。また、酵素ドリンクは「飲み物」として水分補給のためにグビグビ飲むものではありません。

    どちらかというと栄養を確保するために食事の代わりとして摂取するものですからちょっと毛色という用途が違います。実はダイエット中にある程度積極的に飲んで欲しいものとは「コーヒー」なのです。

    コーヒーには御存知の通りカフェインという強い覚醒作用を持つ物質が含まれています。このカフェインの効果は単に眠気覚ましや興奮作用があるだけでなく、新陳代謝を活性化してくれたり脂肪燃焼のスピードを早めたり、運動前に摂取するとトレーニングのクオリティが向上したりする効果があるのです。

    つまり、コーヒーを飲むか飲まないかで長期的に見てダイエットの結果に大きな差が生まれる可能性がとても高いというわけです。

    コーヒーを飲む時の注意点

    ただし、コーヒーをいつでもガバガバ飲めばそれで良いというものではありません。カフェインも摂りすぎてしまうと体に毒となってしまいます。実際、急性カフェイン中毒という病気もあるくらいですから、むやみにずーっと飲み続けてはいけないのです。

    カフェインに対する耐性はかなり個人差が大きく、かなりの量を飲んでも全く不調にならないという人もいれば、ブラックコーヒーを2,3杯飲んだだけで動悸がしたり頭痛が起きたりする人もいます。コーヒーの量は各自それぞれ体調が悪くならない範囲抑えなければいけません。

    ただ、コーヒーによる中毒症状はカフェインが体内で代謝されてしまうと後には残らなくなります。アルコールや覚醒剤など、他の急性中毒とはその点が違うので安心感はあります。

    また、コーヒーがダイエットに良いからといって、例えば砂糖をたっぷり入れてみたり、コーヒー牛乳にしたりしてはいけません。砂糖を入れれば当然カロリーが増えてしまいますし、牛乳にはタンパク質や糖質が含まれています。

    無脂肪乳でなければ脂質もかなりの量となってしまうのでダイエット効果はほとんど無くなってしまうのです。コーヒーはあくまでもブラックで飲む必要があります。暑い日はアイスで、寒い日はホットで頂きましょう。

    コーヒーの飲み方実践編

    ダイエット目的であればコーヒーは1日5杯程度飲むようにすると良いでしょう。もちろん体調が少しでも悪くなった場合は控えなければなりませんけどね。

    飲むタイミングとしては朝起きた直後・午前中・午後・夕食後・寝る前が理想です。寝る前にカフェインを摂ると眠れなくなるという人もいると思います。その場合は寝る前は省くようにしましょう。

    コーヒー飲んでも寝れるよ!という人は是非睡眠直前にも飲むようにしてください。コーヒーのダイエット効果は早い人で2週間程で現れてきます。コーヒー好きな人は是非試してみてください。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP