コーヒーの人気特集

コーヒーが風邪予防に効果的!?その効果効能とは

    コーヒには抗菌作用と利尿作用がある

    風邪のウイルスが体の中に入り込むと、増殖することで様々な症状を引き起こします。免疫細胞がウイルスと戦うことで熱もでますし、熱のせいで体の節々が痛くなってしまう、なんていうこともあるでしょう。

    コーヒーにはそんなウイルスの増殖を抑える成分が含まれていると言われており、日常的に飲むことで風邪を予防する効果に期待できます。
    またコーヒーやお茶に多く含まれるカフェインには、尿を出しやすくする利尿作用があります。私たち生き物は尿とともに体内の悪い物を排出し、日々デトックスしているのです。

    ですから尿を出すというのは、イコール体内のウイルスを出してしまうことにも繋がります。実際に市販の風邪薬の中にはカフェインが含まれているものも多く、何となく調子が悪いかも?と思ったら、風邪予防のためにもコーヒーを飲むといいかも知れませんね。

    コーヒーには免疫力を高め風邪を引きにくくする効果がある

    風邪をひく原因の1つが免疫力の低下です。他の病気が原因になることもありますが、寝不足や食生活の偏り、ストレスなど、日常生活の出来事が原因になることも十分に考えられます。

    免疫力が低下すると、普段元気な時であればまったく問題ないウイルスにも感染しやすくなるのです。当然風邪もひきやすく、しかも治りにくくなってしまうので困りものですよね。
    コーヒーの香りをかいで、なんだがほっとした気持ちを感じる方も多いかと思いますが、実はコーヒーの香りには脳をリラックスさせる力があると言われています。

    カフェインにもリラックス効果があることが知られていますので、風邪予防のためにもコーヒーのリラックス効果を上手く活用するようにしましょう。

    コーヒーは食べ物の消化を助け風邪予防の効果がある

    コーヒーには胃の消化液を増やす力があると言われています。風邪の引き始めは自覚症状がなくても、何となく食欲が落ちて、胃腸の調子が悪くなることもあります。

    しかしご飯がきちんと食べられない、栄養が取れない状態だと、風邪のウイルスに負けやすくなってしまうでしょう。ですから本格的な風邪をひかないためには、コーヒーを飲んで消化を助けることで影響の吸収を促し、栄養をしっかりとることが大切なのです。

    風邪の症状がひどい場合はコーヒーの飲みすぎに注意

    コーヒーは風邪予防に効果的ですが、風邪を引いてしまった時も効果的です。ですが、いくつか注意する点もあります。コーヒーに含まれているカフェインは、薬に対して相互作用を起こす可能性もあります。

    風邪薬にも様々な種類がありますが、その中には、眠気を抑えるためのカフェインが入っている薬もあります。そのため、風邪薬とコーヒーを一合わせて飲むことで、カフェインの覚醒作用が強くなることがあるのです。
    症状としては心臓がドキドキと動機がしたり、目が回る、眠れないなどの症状が現れることがあります。これはカフェインによる副作用の症状ですので、風邪を引いている時にコーヒーを飲むのは、できるだけ症状が軽い場合に飲むようにしておきましょう。

    風邪薬も眠気を抑えるものを飲んだ場合は、コーヒーを飲むのは控えるように注意してください。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP