コーヒーの人気特集

ハンドドリップにおすすめのコーヒーサーバー、および代用できる道具

コーヒーサーバーを使う理由

ハンドドリップでは、コーヒーサーバーを使った方が現在入っている量がわかりやすいです。
コーノ、メリタ、ハリオなどの各メーカーから、色々なコーヒーサーバーがでており、全てガラス製で中身も見やすいです。また、目盛りがついており、ドリップされた分量が一目でわかります。

普通のコーヒーサーバーの欠点

一方、サーバーはガラス製のため、扱い方を間違えると割れてしまいます。また、耐熱性はある程度あるものの、直火にかけて保温することも難しいです。ティーライトキャンドルを使う「キャンドルウォーマー」を使えば保温もできますが、「これだけのために買うのか?」と思う方もいるかもしれません。電子レンジが使えるサーバーもありますが、加減しないと味が飛んでしまいます。
こうしたコーヒーサーバーの欠点を補える、コーヒーサーバーの代わりになるものをご紹介します。

超お手軽にしたい! プラスチック製の計量カップを使う方法

様々なサイズのプラスチック製の計量カップが売られております。もし、上にドリッパーが置けるほどの大きさがあり、かつドリッパーが落ちなければ、ドリッパーとしては充分使えます。また、割れる心配もなく、物によってはコーヒーサーバーより安く手に入れられます。研究室にあるビーカーっぽいデザインもまた素敵ですね。
一杯分が120-150mlですので、入れる分量に応じて目盛りを見ながら使ってください。

また小さい計量カップの場合は、「ドリップスタンド」や「やぐら」など、ドリッパーを固定できる道具を使えばドリッパーを固定して入れることができます。ネルドリップの場合は枠を手にもって扱うことも多いので、どんな大きさのものでも扱えます。

アウトドア向け! 目盛り付きのシェラカップを使う方法

ちょっとした料理に手軽に使えて、火にもかけられ、かつお皿にもなるシェラカップを使う方法です。上にドリッパーを置くと見えなくなるため、主にネルドリップに向いています。
シェラカップは上からでも目盛りが見やすいので、どれくらい入れたかだいたい把握することができます。また、火にかければ、寒い屋外で飲む場合にも保温ができます。
また、ミルクを入れて暖め、分量分のコーヒーを入れれば、手軽にホットカフェオレが作れます。

いつも通りの使い心地で、もっと気軽に。安清式コーヒーサーバー アンブレイカブル

「ブランディングコーヒー」というコーヒー器具の通販ショップで売られている、「安清式コーヒーサーバー アンブレイカブル」というサーバーがあります。
このコーヒーサーバーは見た目は普通のガラス製コーヒーサーバーとほとんど同じですが、頑丈なポリプロピレンでできているため、割れることがありません。
同じサイトで売られている「くるむくん」という保温用の道具も使えば、熱も逃げにくいです。ただし、このサーバーはレンジや直火では使用できないのでご注意ください。
値は張るものの、コーヒー好きの人で初めてサーバーを買うのであればこれはかなりおすすめできます。

コーヒーサーバーの代わりに使えるものは、他にもあります。
メモリがついていて、ある程度入れた量を管理できるものであれば、何でも使うことができるので、使いたいシーンに合わせて道具を選んでくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー豆一人前
  4. コーヒーと薬の飲み合わせ
  5. ロンドンのコーヒーハウス
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒー効果
PAGE TOP