コーヒーの人気特集

コーヒーメーカーの使い方を紹介します!

1.ペーターフィルターをセットする

まずはコーヒーメーカーにペーパーフィルターをセットします。ペーパーフィルターをセットする時は圧着部分(底辺部)を折ります。そうすることで、フィルターの接合部分がはがれてしまうのを防いだり、ドリッパー全体に均一に広げることができて密着性を高めることができるのです。

この時の注意点は、コーヒーメーカーにあった形状や大きさのペーパーフィルターを使用することです。小さすぎたり大きすぎたりとサイズが合わないと、ドリッパーとフィルターが密着せず美味しいコーヒーを淹れることができません。

2.コーヒー豆を挽く

コーヒー豆は、飲む直前に、その時飲む分だけ挽くようにしましょう。挽いてしまったコーヒー豆は、その後時間を置くことで空気に触れてしまいどんどん酸化して風味や香りが損なわれてしまうため、その日のうちに使い切ります。

コーヒー豆を挽く時の注意点は、出来るだけ熱を加えないことです。熱が加わってしまうと香りが飛んでしまったり雑味が出てしまったりします。
コーヒーメーカーに備え付けの電子ミルでコーヒー豆を挽く場合は一気に挽くと摩擦熱が発生しやすい為、5~6秒挽いたら止めて軽く振り、5~6秒挽いたら止めて軽く振りを繰り返して出来るだけ摩擦熱が発生しないように挽きます。

手動のミルを使う場合は、ハンドルを軽くゆっくりと回して熱が加わらないように挽く事をおすすめします。挽くときの粒の大きさは、コーヒーメーカーを使う場合は「中細挽き」という粗さが目安です。
大きさだとグラニュー糖~ザラメの中間くらいの大きさです。豆が均一にこの大きさになるように挽いていきます。

3.挽いた豆をフィルターに入れる

挽いた豆をフィルターに入れる時は、粉がなるべく中央に山盛りになるようにします。こうすることでお湯を注いだ時に偏りを作らないようにします。

4.コーヒーメーカーに水を入れる

着脱式のタンクの場合は取り外して水を注ぐことができるのでチェックしましょう。水の量を調節することでコーヒーを濃くしたり薄くしたりすることができます。好みに合わせて水を入れる量を増やしたり減らしたりしましょう。

5.コーヒーメーカーの電源を入れる

コーヒーメーカーの製品によって、濃さなど調整できるものがあるので、自分の好みに合わせてセットしましょう。後はコーヒーメーカーが自動で抽出してくれるので、抽出が終わるのを待つのみです。抽出が終わったらポットを外して、コーヒーをコップに注ぎます。

ちょっとしたコツを紹介!

コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを入れる際のちょっとしたコツです。まず、粉ではなく豆を買いましょう。粉になった豆は空気に触れる面積が広くなり、酸化しやくすなります。酸化すると香りや風味は飛んでしまいます。

あと、豆はできるだけ新鮮なものを買いましょう。実は焙煎日からどれだけ経っているかどうかが大事なのです。お店に焙煎機があって、焙煎したての豆が買える所などがオススメです。コーヒーに使う水は一般的には軟水がいいとされています。

注ぐカップを温めておくことも重要です。コーヒーをドリップしている間にあらかじめカップを温めておくと、カップにコーヒーを注いだ時にそのコーヒーが持つ豊かな香りを引き立たせることができます。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. パリのカフェ文化
  3. コーヒーミル
  4. コーヒーの酸味と苦味
  5. ロンドンのコーヒーハウス
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーかす
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP