コーヒーの人気特集

コーヒーフレッシュを代用するには?

    コーヒーフレッシュは牛乳で代用できる?

    コーヒーフレッシュが身体に悪いと聞いた方の中には、「他に何か代用できるものはないかな」と考えているはずです。そして、そういった方の多くが、代用品として牛乳などのミルクを考えます。

    確かにコーヒーなどをマイルドにできるし、自然の甘味を加えることができるので、ミルクで代用するのも良いでしょう。牛乳なら色々なサイズもあるので、コーヒーに入れるだけなら小さいサイズを常備するだけでも事足りるでしょう。

    自宅で飲む場合などにはすぐに入れて飲めることから、牛乳がおすすめだと言えます。しかし、根本的にコーヒーフレッシュが生まれた理由について考えてみると本末転倒しています。

    もともとミルクや牛乳の代わりに生まれたのが、そもそもコーヒーフレッシュなのです。昔は高価だったミルクを何とかして安価かつ大量に提供できないかと考えて作られたのがコーヒーフレッシュなのです。

    できるだけミルクに似せつつ、価格を抑えようと努力した末に、今のコーヒーフレッシュが作り出されたのです。もちろん、ミルクがある場合はそちらで良いです。

    コーヒーフレッシュは生クリームで代用できる?

    生クリームを使ってコーヒーフレッシュの代用をすることも可能です。水溶性の高い生クリームの場合は、コーヒーなどにもすぐに溶けていくので、ある程度甘味をプラスすることもできますし、何より見た目的にもコーヒーフレッシュに近いと言えます。

    脂肪分も高いので、コーヒーフレッシュ以上のコクを出すこともできるでしょう。ただその分、コーヒーフレッシュに比べて生クリームはカロリーが高く、入れ過ぎると身体に良くないと言えます。

    どうしても入れたい場合は、量をしっかり考えて入れるのが良いでしょう。特にコーヒーフレッシュの代用となると甘味が欲しくなって沢山入れてしまうことも多いですが、入れ過ぎは身体に毒です。

    生クリームは甘いイメージがありますが、生クリーム自体には元々甘みはないですし、少し物足りなく感じてしまう可能性もあります。そもそもコーヒーフレッシュは生クリームの代用とも言えるので、相互の関係を知ると、どちらを使うのか判断しやすいです。

    コーヒーフレッシュは砂糖で代用できる?

    ミルクや生クリームとは違って、砂糖は白くはないので、コーヒーフレッシュのようなマイルドな甘さにすることは難しいかもしれません。砂糖を投入すれば甘くすることはできますが、糖分が多くなってしまいがちになるので、コーヒーフレッシュよりも身体に毒になってしまうこともあるかもしれません。

    コーヒーフレッシュはミルクに似せて作られていることから、コーヒーに入れた時にまろやかさやコクを感じられるように作られています。ですから砂糖で甘みを足しただけでは、同じような満足感を得られない可能性もあります。

    砂糖の場合は、コーヒーなどに入れるものも多くなっているので、コーヒーフレッシュを使わずに砂糖だけで我慢するというのも良いかもしれません。

    もちろん、どちらも入れるという方はコーヒーフレッシュの代用として、ミルクや生クリームを選択した方が、味わいも楽しめるはずです。ただ、糖尿病や他の病気のリスクも高くなるので、入れ過ぎには注意しましょう。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP