コーヒーの人気特集

コーヒーフレッシュについて解説します!

    コーヒーフレッシュって何?

    コーヒーフレッシュというのは、カフェなどでコーヒーを注文した時、必ずと言って良いほど一緒に付いてくるものです。一般的には「ミルク」や「クリープ」「クリーミングパウダー」と呼ばれています。
    カップに入っているものが一般的ですが、液体のものもあれば粉末のものもあり、世界中で愛用されているものです。

    コーヒーフレッシュが開発される前は、牛乳や生クリームが使用されていました。ですが、値段が高いのと日持ちがしないことから1950年頃にコーヒーフレッシュが開発されたのです。

    液体のタイプは、1950年頃にアメリカにあるカーネーション社が開発し、発売したのが最初と言われています。日本で最初にコーヒーフレッシュを発売したのは、1970年頃にメロディアン株式会社が、メロディアンという名前で発売しました。

    現在のパッケージは、ふたのアルミ部分に高山植物が記載されています。その後、同じ年にスジャータからも発売されています。

    コーヒーフレッシュは、安さと使いやすさを兼ね備えているため、業務用だけではなく、家庭用としても重宝され、現在では全国に広まっています。

    コーヒーを普段から飲む人であれば、コーヒーフレッシュを利用している方も多いです。実際に使ってみると、甘く美味しい味わいになることから、大量に投入してコーヒーを楽しんでいるという方もいるのが事実です。

    しかし、意外と知らない方もいるのですが、実はコーヒーフレッシュはミルクではありません。

    コーヒーフレッシュはミルクじゃない?

    特徴的な白さがミルクだと錯覚させるのですが、実は、コーヒーフレッシュ自体にミルクは入っていません。また、生クリームなども入っていないので、甘さなどはコーヒーフレッシュを作っている会社がそれぞれ科学の力によって作っているものなのです。

    そもそもミルクが入っていれば、腐敗するはずですが、コーヒーフレッシュは長期保存が可能となっています。実際にミルクじゃないことにショックを受ける方もいると思いますが、世界中で知っている人も多い事実なので、受け止めておくことが必要となります。

    具体的に入っている成分に関しては、ミルクの成分とは大きく異なるものとなっています。人によってはコーヒーフレッシュをコーヒーミルクという方もいますが、それはちょっと違うというわけです。

    コーヒーフレッシュは使っても大丈夫?

    生クリームもミルクも入っておらず、実際にそれらの成分とは異なるものと聞けば、「本当に摂取して大丈夫なのかな」と思う方もいるかもしれません。

    食品として販売されている以上、体内に取り込んだとしても特に危険はありません。もちろん、コーヒーフレッシュだけをコップ一杯に入れて飲み干せば別ですが、コーヒーに少量入れて飲むくらいであれば、害はないと言って良いでしょう。

    しかし、身体にとって有毒な成分が含まれているとも言われることがあるため、極度に摂取するということは避けておいた方が良いかもしれません。

    何事も節度を持って楽しむのが良いので、コーヒーに適量を入れて楽しむようにしてください。そうすれば、健康を害することはないので大丈夫です。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP