コーヒーの人気特集

コーヒーゼリーのゼラチンと寒天の違いやコーヒーチェリーティーについて

寒天とゼラチンの違い

そもそも原材料が全く違います。寒天は天草(テングサ)やオゴノリなどの海藻から作られています。凝固力が強く、少量で多くの水分を固めることが可能です。ところてんなど和風な料理との相性が良く、水ようかんを始め和スイーツにも利用されます。
それに対し、ゼラチンは豚や豚の骨や皮に含まれるコラーゲンが原材料です。弾力と粘性が高いので、ゼリーのようなプルプルした食感を生み出します。ムース、マシュマロといった、ふわふわしゅわしゅわした食べ物にもよく使われているのが特徴です。

そして沸騰した後の状態も全く異なります。寒天は沸騰させて煮込むことで固まる力が強くなり、ゼラチンは沸騰させると固まる力が弱まってしまいます。

固まる温度も違い、寒天は30~35℃で固まるのに対し、ゼラチンは15~20℃くらいで固まります。ですので、ゼラチンは冷蔵庫に入れて冷やして固まらせますが、寒天は冷蔵庫に入れ忘れて常温のままでも固まってくれるのです。

食べた時、ゼラチンは弾力性があり体温で溶けるため口当たりは寒天よりいいと言えるかもしれません。寒天は弾力がほとんどなく、食べたときにホロッとくずれる感じです。

ゼラチンが低い温度で溶けるのに対し、寒天は一度溶かして固めた後は60度以上にならないと溶けないとされています。特に室温が上がる夏場は、溶けにくい寒天の方が扱いやすいでしょう。

カロリーはゼラチンが100gあたり344kcalに対して、寒天はカロリー0です。甘いデザートとして食べる場合を考えると、寒天はダイエットにも使えそうです。

栄養はゼラチンはコラーゲン由来のたんぱく質が豊富に含まれているのに対し、寒天は食物繊維が豊富に含まれています。ですので、身体への効果としては、ゼラチンの場合はたんぱく質なので美肌効果、神経痛改善、アレルギーの軽減・解消、冷え・不眠の慢性症状の軽減などがあげられます。
寒天は食物繊維なので、肥満解消、便秘解消、血圧を下げる、血糖値を下げる、コレステロールを下げるなどの効果が期待されます。

美味しいコーヒーゼリーの作り方

材料(2~3人分)
・コーヒー(深煎り)
・水200cc
(・砂糖 適量)

・ゼラチン 小さじ2弱
・水 大さじ3

・好みでコーヒーフレッシュ
【1.ゼラチンをふやかす】
大さじ3の水にゼラチンを入れよく溶いてふやかしておきます。

【2.コーヒーを200cc抽出する】
新鮮な深入り豆を使ってコーヒーを抽出します。
ゼリーに甘みをつけたい時はここに砂糖を入れて溶かします。

【3.(1)と(2)を混ぜる】
コーヒーが温かいうちに、溶かしておいたゼラチンをいれて混ぜます。

【4.型に注ぎいれ、冷蔵庫で3時間ほど冷やして出来上がり!】
型から外したいときは、お湯で少し温めると外れやすいです。

コーヒーゼリー寒天ver.
【材料】(5~6人分)
・コーヒー(深煎り)
・水 550cc
(・砂糖 適量)

・粉寒天 2g
・水 150cc

1.鍋に粉寒天2gと水150ccを合わせて火にかけます。かき混ぜながら煮溶かし、沸騰したら弱火にして1~2分煮て火を止めます。

2.深入り豆を使ってコーヒーを550cc抽出します。甘みをつけたい時はここで砂糖を適量入れます。

3.(2)の中に(1)を入れてよく混ぜます。

4.型に注ぎ、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やして出来上がり!

コーヒー豆はもともと、「コーヒーチェリー」と呼ばれる赤いさくらんぼのような実の中にある種子です。このコーヒーチェリー、女性にとっては魔法の実のような素晴らしい効果・効能があるのです!このコーヒーチェリー、そのまま食べたりもされていますが、「コーヒーチェリーティー」としてコーヒーとは違う飲み物もあるそう。今回はこの「コーヒーチェリーティー」をご紹介していきます。

コーヒーチェリーの構造と成分

コーヒーチェリーの中にコーヒー豆が2つというのが基本です。赤い外皮の内側には果肉がついており、その中にパーチメントという「内果皮」とシルバースキンという「銀皮」に包まれた種子が2つ入っています。パーチメントの表面は粘液質に覆われており、これはミュシレージと呼ばれています。従来、コーヒーにするためには中にある「種子」のみしか使用せず、残りの皮と果肉の部分は売り物にならないので廃棄されています。しかし、この廃棄された部分にも栄養価があるということで近年注目されています。

なんと今注目されているアサイーの15倍とも言われている「抗酸化作用」、糖尿病予防、脂肪肝予防にもなる「クロロゲン酸」、脳の活性化・コレストロール値の低下という効果がある「トリゴネリン」、リラックス効果やがん予防や抑制効果、動脈効果の予防に働く「カフェ酸」、高血圧予防、美肌効果もある「フェルラ酸」、尿路感染症などを予防する効果がある「キナ酸」などがコーヒーチェリーの成分です。

コーヒーチェリーティーとは

通常、コーヒーの実の種子を焙煎し、コーヒーとして楽しみますが、このコーヒーチェリーティーは種子以外の果肉部分に着目して、それを天日乾燥しお茶として楽しみます。近年、世界バリスタチャンピオンシップでトップバリスタがアレンジメニューに使用し、新たなコーヒーの魅力の表現のひとつとして世界的に注目されました。味わいはローズヒップティーのような少し酸味がある味わいです。コーヒーでは感じられない完熟した果実の甘い香り、口あたりの優しい甘い味わいがふわりと広がります。果肉を使用しているので、コーヒーとは全く違う味わいになります。見た目も完全にお茶です。

夏にぴったり

ストレートで飲んでもさっぱりとした酸味があるので飲みやすいですが、酸味が苦手という方は、はちみつや砂糖で甘さを加えるのもおすすめです。濃いめに抽出してアイスにし、炭酸水で割ってもおいしくいただけます。ハイビスカスやローズヒップのようなさわやかですっきりとしたな味わいは、アイスにすることでこれからの暑い時期にもうってつけです。

いかがでしたか?実は、コーヒーと比べカフェインの含有量が少ないので、カフェインが気になる……という妊娠・授乳中の方にもおすすめです。また、抗酸化作用が高いとされるポリフェノールが豊富なので、コーヒーよりも気軽にごくごく飲めて、体の中から健やかにきれいを導いてくれるコーヒーチェリーティーは女性には嬉しい飲み物ではないでしょうか。更にこのコーヒーチェリーティーを通じて、コーヒーの新たな魅力に出会えそうです。ネットなどでもたくさんの種類のものが売られているので、気軽に購入することができます。作り方も乾燥されたコーヒーチェリーにお湯を注ぐだけ、ととっても簡単なのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーでストレス解消
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーミル
  7. カフェ開業メニュー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーのマナー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP