コーヒーの人気特集

コーヒーの様々な効果はインスタントでも同じ?

    重要なのは成分の濃さ

    コーヒーは脳を活性化させたり血行を良くしたり、肝臓がんのリスクを下げるなど、私たちの体に様々な良い影響を与えることが近年の研究で明らかになってきました。

    普段からコーヒーをよく飲む人にとって朗報ですが、何となくドリップ式のきちんといれたコーヒーより、インスタントの方が効果が薄くなってしまうのでは?というイメージがあります。

    確かに手間暇をかけたものの方が体に良さそうですが、その効果をしっかり発揮させるために重要なのは、コーヒーに含まれる成分の「濃さ」です。コーヒーがなぜ体に良いと言われるのか?まだまだ未知な部分が多く所説ありますが、それはコーヒーを飲むことでカフェインを摂取できるからだとされています。

    ドリップしたコーヒーとインスタントで比べた場合、同じ量でもドリップしたものの方がインスタントの2倍カフェインを含んでいると言われています。どんな効果を得たいかによって1日の適正摂取量は変わりますが、インスタントコーヒーで同じだけの成分を摂ろうと思ったら、毎日ドリップの2倍は飲まなければいけないというわけです。

    インスタントだから効果がないということではありませんが、同じ効果を得ようと思えばなかなか大変かも知れません。ですが、自分で量を調整したい人には、インスタントの方が使いやすく自分好みに摂取しやすいかと思います。

    ダイエットへの効果は変わる?

    カフェインは脂肪の分解を促進し、エネルギー消費を高める。そんな効果にも期待できるため、ダイエット効果のためにコーヒーを常飲している人もいるのではないでしょうか。

    先に出たように、問題なのはどのくらいカフェインが摂取できるのか?という点ですので、もちろんインスタントのコーヒーでも全く問題はありません。特に運動をする前にブラックで飲むと、脂肪を燃焼しやすくなるとされています。

    しかし注意しなければいけないのが、インスタントの場合たくさん飲まなければいけないから、とコーヒーを飲みすぎると逆に痩せにくくなってしまう可能性があるということです。

    コーヒーに含まれるクロロゲン酸には智謀を蓄積させる力があります。インスタントだからと勘違いして、うっかり飲みすぎれば逆効果になってしまうので、きっちり適正量を確認しておくことが大切です。

    分量をしっかりと守ること

    自分でインスタントコーヒーを作る時に、分量を見てから入れるようにしましょう。いつも目分量で入れている・・・という人は分量を気にしてください。量が多すぎたり、少なすぎたりするとコーヒーの効果も変わってきます。

    コーヒーに含まれる様々な効果効能だけではなく、分量によっても味に違いが出るものです。美味しいコーヒーを飲む為にも、インスタントコーヒーは、ドリップ式とは違い、分量がとっても重要だということを頭に入れておいてください。

    基本的な分量としては、ティーカップの場合150mlに対し1.6g程度が適量とされています。そして、マグカップだと約200mlなので2.5g程度が良いとされています。インスタントコーヒーの裏に記載されていますので、しっかりと分量をチェックしコーヒーを入れてください。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP