コーヒーの人気特集

コーヒーのハンドドリップに最適なお湯の温度・量について

    コーヒーのハンドドリップで最適なお湯の温度はどれくらい?

    コーヒーのハンドドリップをする際、お湯は沸騰したてのものを使わない方がよいです。沸騰したお湯から少し下がった、90度程度がよいでしょう。あまり熱すぎると、蒸気に巻き込まれてコーヒーの香りが飛んでしまうことがあります。また、苦み成分だけが強く出やすい傾向もあるので、お湯は少しだけ冷ましたものを使います。
    ただし、お湯を冷ますと言っても、毎回必ず冷ましたほうがよいかというと、そうとは言い切れません。豆や淹れ方によって、最適なお湯の温度は変わってきます。
    ここにあげるのはほんの一例ですので、いろいろな豆・器具でためしてベストな組み合わせを見つけていってください。

    豆による最適な温度の違い

    お手持ちの豆が香りが豊かなタイプである場合、90度でも香りが飛んでしまう場合があります。さらに少しだけ温度を下げ、85度程度での抽出も試してみてください。
    コクがありすぎる豆の場合は、熱めの90度程度で抽出する方が良いでしょう。

    器具による最適な温度の違い

    フレンチプレスはある程度高温で抽出する必要があります。沸騰したお湯を入れ、少し自然に下がるくらいでもよいかもしれません。あらかじめ、フレンチプレス本体はお湯を通してあたためておいてください。
    お湯の温度が低すぎると、抽出が足りず、薄すぎるコーヒーが出来上がってしまう可能性もあるので気を付けてください。

    ペーパードリップはお湯が比較的冷めにくく、95度くらいで淹れるとすぐに飲めない温度で出てしまいがちです。さらに冷まし、80-85度程度の温度も試してみてください。
    ネルドリップの場合はお湯の温度が高すぎるとやはり香りが飛んでしまいがちですが、冬場はネル自体を事前に暖めたとしても冷めてしまいがちです。ペーパードリップで淹れる時より、気持ち熱めにしておくとちょうど良いことが多いです。
    少しだけ低めの温度で淹れることによって、冷ますことなく淹れたての状態でコーヒーを飲むことが出来ます。淹れてから時間が経っていなければ経っていない程、香りも風味もゆたかなまま口の中に入れることが出来ます。

    コーヒーのハンドドリップで最適なお湯の量はどれくらい?

    お湯の温度についてもふれましたが、お湯の量も大事な問題です。
    正確に測る場合、コーヒーカップに淹れる場合はおおよそ一杯当たり120ml程度が妥当です。計量カップをコーヒーサーバーとして使う場合は、この量を基準にしてください。
    マグカップの場合は、その倍近くある事が多いです。それに伴って、豆の量も二倍ほどにするとコーヒーの味がきちんと出てきます。
    ただし、やかんやドリップポットに入れる水を事前にはかる場合は、沸騰で数ミリリットル飛んでいく可能性がある事も念頭に置いてください。

    湯温と湯量は、コーヒーを淹れる場合において大事な役割を果たします。もし、今よりもおいしいコーヒーを淹れたいと思ったら、少しだけお湯の温度や量にも気をつかってみてください。
    少しお湯の温度を変えるだけで、出来上がるコーヒーは全く違うものになります。何度も淹れているうちに、その豆に必要なお湯の温度がわかるようになっていきます。ぜひトライしてみてください。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP