コーヒーの人気特集

コーヒーには血圧予防の効果がある!

血圧には「心拍出量」と「血管抵抗」がある

血圧というのは、血液が血管壁を押す圧力のことです。この圧力が高すぎたり低すぎたりすると、体に様々な影響が出てくることがあります。

実は、血圧には心臓が血液を押し出す「心拍出量」と、血管の抵抗である「血管抵抗」の2つの力があります。まず「心拍出量」についてですが、全身に流れる血液の量、心拍数などが関係しています。

スポーツをした後や、運動の後、塩分を摂り過ぎた時などに心拍数は上昇し血圧は上がります。逆に、睡眠中やリラックスしている時など、心拍数は下がるため血圧は安定しています。

次に「血管抵抗」は血液の粘性、血管壁の弾力が関係しています。血管壁は年齢と共に固くなり弾力性が少なくなります。
他にも、タバコやお酒などの影響、脂っこい食事や運動不足が原因で弾力が失われたり、血液の粘性が上がるとされています。

このように、心拍出量と血管抵抗のバランスによって血圧の上下が決まるのです。血圧は1日の中でも大きく変動することから、定期的に計る場合は、できるだけ同じコンディション、同じ時間帯に計るようにしてください。

カフェインは血圧を上げる?下げる?

昔はコーヒーといえば、何となく体に悪いというイメージがありました。カフェインを体内に入れると血圧が上がることも知られており、コーヒーを飲むと血圧が上がってしまう、と言われていたくらいです。

ところが最近アメリカで行われた研究・調査によって、日常的にコーヒーを飲むことで血圧が下がり、高血圧予防に役立つ可能性があることが判明しました。

お茶やコーヒーに多く含まれるカフェインは、確かに飲んだ直後は軽い運動をした時と同程度、若干上がりやすい傾向にあるとされています。

しかしこれは日常的な生活の中でもあり得る程度の変化で、そもそもコーヒーを飲んだから高血圧になる、ということはないそうなのです。むしろカフェインに態勢がつくためか、血圧が上がりにくいのでは、という見解もあります。

またコーヒーを毎日飲む人とほとんど飲まない人を比べた時、コーヒーを摂取している人の方が高血圧になる割合が少ない結果が得られたそうです。まだ日本で正式な研究は進められていませんが、コーヒーは血圧を上げにくくしてくれる、高血圧の強い味方になってくれることに期待が持てます。

1日の摂取量の目安

高血圧を予防するには、どの位の量のコーヒーを飲むようにすればいいのでしょうか。アメリカの研究によると、1日あたりの摂取量が4杯以上の場合、高血圧になる危険性を減らすことができるとされています。

同じ飲み物を4杯以上、と聞くと多く感じるかも知れませんが、1日のうちにそれだけ飲めばいいので、食後の1杯、ちょっとおやつを食べる時に1杯と飲んでいれば、それほど多い量ではないです。

またカフェインだけが血圧に良いというわけではなく、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は血管を拡張する力を持っているため、毎日欠かさず飲むようにすれば自然と血圧を下げることができるでしょう。

ただしあくまでも4杯以上飲んだ場合に効果が期待できるので、毎日飲む習慣をつけるのであれば飲む量も意識してください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー人気
  8. コーヒーと薬の飲み合わせ
  9. コーヒーメーカー
  10. 銀座カフェ
PAGE TOP