コーヒーの人気特集

コーヒーにはガン予防の効果がある!

    コーヒーが予防できるガンとは

    コーヒーは苦みがあることから、昔は発がん性があるのでは、と思われがちでした。確かに色も黒いですし、水やお茶に比べて体に良いというイメージは少ないかも知れません。

    しかし国立がん研究センターによる調査・研究の結果、コーヒーを飲むとガンが抑制させることがわかってきたのです。

    コーヒーで予防できるガンには2種類あります。まず1つ目が肝臓がんです。コーヒーをまったく飲まない人と比べると、毎日飲む人の肝臓がん発生リスクは約半分まで減少します。こちらの研究の信頼度は「ほぼ確実」と、かなり高いものです。

    そしてコーヒーで予防できるガンのもう1つが子宮体がんです。近年では晩婚化から妊娠・出産しない女性が増えていることや、食生活の変化から子宮頸がんよりも子宮体がんを患う人が増えています。

    まだ研究の途中ではありますが、コーヒーにはこのガンを抑制する効果がある可能性があるそうです。他にも大腸がんや子宮頸がん、卵巣がんについても研究が進められています。

    なぜコーヒーがガン予防に役立つの?

    実はコーヒーそのものがガン予防に効果的なのか、その直接的な因果関係はまだわかっていないとされています。しかし実際に予防に役立つ結果が出ているというのは事実です。

    肝臓がんや子宮体がんは、糖尿病を発症した人が合併症として発症しやすい病気であることが分かっています。

    元々の体質で患いやすい方ももちろんいますが、数十年前までは和食中心だった食文化があっという間に欧米化し、日本人の摂取カロリーが増えたことも原因となり、糖尿病は今や生活習慣病の1種とされているのです。

    コーヒーにはそんな糖尿病のリスクを下げる効果があることが知られており、結果的にガンのリスクが下がることも十分に考えられます。

    またコーヒーには炎症を和らげる効果もあるため、肝臓に起きた炎症を抑えることで肝臓がんの予防に役立つのでは、という見解もあります。

    推測ではありますが、コーヒーに含まれるポリフェノールの1種であるクロロゲン酸がいいのではないかとも言われており、これからの研究結果に注目が集まっています。

    ガン予防に注目されているクロロゲン酸とは?

    赤ワインや、緑茶、ココア、チョコレートなどにもポリフェノールが含まれており、野菜や果物にも多く含まれています。
    実はポリフェノールには5000もの種類があると言われていますが、コーヒーの豆はクロロゲン酸というポリフェノールの一種の成分が多く含まれているのです。

    コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」とは「ポリフェノール」のことで、とても強い抗酸化作用があります。実はコーヒーに含まれるポリフェノールは、カフェインよりも量が多く、コーヒーの色や苦味、香りの材料となっています。

    ポリフェノールの基本的な効果は抗酸化作用で、活性酸素による酸化を防いでくれる効果があります。このように、強い抗酸化作用があることから、コーヒーをよく飲んでいる人の方が、ガン予防に効果的であるというというように言われているのです。

    クロロゲン酸をより多く摂取するためには、低い温度で焙煎した浅煎りのコーヒー豆を使用したものを飲むのが効果的です。

    クロロゲン酸は、コーヒー豆を高い温度で焙煎すると、失われてしまいます。ですので、コーヒーの豆を選ぶ時は、できれば浅煎り豆を使用しているアメリカンブレンドの豆がオススメです。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP