コーヒーの人気特集

コーヒーが便秘に効果的な4つの理由

カフェインやピラジンに便秘予防効果がある

カフェインには、腸の働きを刺激する働きがあります。胃腸の蠕動運動を助けてくれる為、コーヒーを飲むと消化がよくなり便秘改善につながるのです。

そして、コーヒーの香りには「ピラジン」と呼ばれる成分が含まれています。この成分には身体をリラックスさせる効果があり、自律神経を安定させる働きを持ちます。

ストレスも便秘の原因になるのですが、ストレスで自律神経が乱れると、胃腸の運動が鈍くなり便秘を引き起こしたり、あるいは全く逆で過敏になりすぎて下痢を引き起こすこともあります。カフェインやピラジンという成分により、自律神経を安定させ、腸の蠕動運動を正常にする効果が期待されています。

コーヒーオリゴ糖が便秘改善のサポートをしてくれる

コーヒーによっては「コーヒーオリゴ糖入り」というコーヒーが売られています。オリゴ糖といえば整腸作用で有名ですが、このコーヒーオリゴ糖に整腸作用があるのです。

コーヒーオリゴ糖は難消化性なので、大腸までほとんど消化されずにしっかり行き届き、大腸内に生息するビフィズス菌などの餌になることができます。そして優秀なことにコーヒーオリゴ糖は「腸内細菌の選択利用性」という性質を持っています。

大腸内に住んでいるビフィズス菌などの善玉菌にのみ働きかけ、大腸菌などの悪玉菌には食べられないように選択するのです。
そのため、善玉菌のみが特異的に増殖し、腸内環境が改善され蠕動運動が活発になり、便秘改善のサポートをしてくれるという仕組みです。砂糖の代わりに、コーヒーオリゴ糖を使うように工夫すると効果的です。

乳製品を入れたり朝飲むことで便秘効果に繋がる

コーヒーに牛乳などの乳製品を入れる、カフェラッテやカプチーノ。この乳製品には腸内の動きを活発にしてくれる作用があり便秘の改善に力を貸してくれます。

また、朝は「排泄の時間」と呼ばれ、体内に蓄積された老廃物や毒素を外に出す時間帯でもあります。この時間帯に排便をするのは健康に良いとされ、排便を促進させる効果のあるコーヒーを飲むという事は、身体の仕組み上理にかなっています。

しかし、コーヒーに含まれるカフェインは空腹の状態で飲むには刺激が強すぎ、胃もたれを起こしてしまう危険性もありますので、ミルクを混ぜることで胃を優しくし、さらには排便も促され便秘の改善に繋がるのです。

できれば、便秘改善の為に飲むのであれば、温めて飲むほうが効果が出ます。特に50度の温度にして飲むと腸内の便が柔らかくなって排便を促してくれます。温めて飲んだ方が身体の代謝もよくなり腸も活発になります。

コーヒーの飲みすぎは便秘の原因になる

便秘改善に良いとされるコーヒーも、飲みすぎは禁物です。コーヒーに含まれるタンニンは腸内細菌の働きを抑制し便秘を引き起こしてしまいます。

また、コーヒーには利尿作用があるので、コーヒーを飲んで喉が潤っているように感じても実際は体内が水不足の状態になってしまうこともあります。水不足は便秘の原因になります。

1日2~3杯程度だとそんなに気にしなくても大丈夫そうですが、4杯以上飲むという方は便秘が解消されていない方もいるようです。コーヒー飲んでるのに便秘が治らないという方は、飲む量が多すぎという可能性があります。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP