コーヒーの人気特集

アウトドアに便利な、ポーレックスのコーヒーミル

アウトドアに便利なポーレックスのコーヒーミル

アウトドアで、挽き立てのコーヒーを飲みたい!そんなアウトドアもコーヒーもお好きな方がいらっしゃると思います。

しかし、普通のコーヒーミルはザックの中ではかさばってしまうし、あまりザックの中でほかの荷物に押されるとミルの故障の原因にもなります。

こうした欠点をクリアしたアウトドアにおすすめのコーヒーミルが、「ポーレックス セラミックコーヒーミル」です。
本記事では、このミルの長所をあげていきます。

アウトドア用ザックの中でもかさばらない

ポーレックスのコーヒーミルは細長い円筒形をしており、直径はわずか約5cm。
普通のコーヒーミルはこれの何倍もあってかさばりますが、ポーレックスのコーヒーミルはとても持ち運びしやすいです。アウトドア用のザックに気軽に入れることができます。

サイズの小さい「ミニ」は、一度に挽ける豆は2杯分のみと少なくなりますが、高さもわずか13.5cm。シリコンバンドでハンドルもまとめられ、バンド自体も滑り止めの役割を果たします。
通常サイズのコーヒーミルは高さが19.2cmほどになりますが、一度に3杯分挽くことができます。

ハンドルが取り外せる

豆が入っていない状態でコーヒーミルの刃が動いてしまうと、刃がすり減る原因になります。

ポーレックスのコーヒーミルは、ハンドルが取り外せます。
ハンドルがつかないと、基本的には刃が動きづらい構造になっており、他の荷物に押されて刃が不用意に動くことがありません。

また、ハンドルをはずして本体とまとめてしまえば、ハンドルは邪魔になる事はありません。

キャンプ時など、土台が無くても挽きやすい

実際に使ってみて思った事ですが、土台が無くても挽きやすいです。

底面の面積が少なく、本体を安定させて挽きにくいと感じられそうですが、本体をしっかり握る事が出来る形状になっているおかげか、手に持ったまま挽くと意外と挽きやすいです。
こうした点からもアウトドアに向いています。

現行モデルでは、挽くときはハンドルを外れにくくする機構がつき、より使いやすくなりました。

メンテナンスが楽

通常、コーヒーミルの刃は鉄でつくられており、ブラシで定期的に粉を払わないと古いコーヒーの油分が酸化して臭いが刃についてしまいます。
ポーレックスのコーヒーミルはセラミックの刃を採用している為、水で丸洗いすることができます。
本体の円筒部分もステンレスでできているため、耐久性とさびにくさを兼ね備えております。

すべてのパーツが日本製で、パーツごとの購入も可能

ポーレックスのコーヒーミルは、鹿児島県内にあるジャパンポーレックスの自社工場にてすべてのパーツを丁寧に製作しております。
そのためか、他の同価格帯のコーヒーミルと比べても豆を挽いた後の粉の大きさが安定しております。

また、万が一セラミックの刃を落として割れてしまった場合も、全てのパーツをバラで購入することができます。日本国内企業ならではのきめの細かいアフターサポートも魅力です。

以上、アウトドアにおすすめのコーヒーミル「ポーレックス セラミックコーヒーミル」を紹介させていただきました。
価格も5000円足らずで買うことができるので、アウトドアでコーヒーミルを使いたいと考えている方は購入を検討されてはいかがでしょうか。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP